読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱でも中卒でも経営者さ♪

中卒だろうが鬱になろうが、経営者という立場で笑い泣きしながら生きてます(笑)

できない自分を許す。

ありふれたタイトルで、ごめんなさい。笑

しかし、「鬱」というものと向き合い、

寄り添いながら生きていくには重要なことです。

 

「鬱」と寄り添い生きる。

 

鬱は簡単には完治しない。そう私は思っています。

実際、鬱と診断されてから7年経ちますが、

完治とは言えません。

 

治そう。治したい。

 

ではなく。。

 

鬱と寄り添い共に生きていく。

 

「鬱」は、その人から「できる事」を奪っていきます。

仕事に行けない。

寝れない。

食べれない。

外に出れない。

人と接することができない。

などなど。

 

このようなことになってくると、当然困るので。。

「治そう」とします。

ネットで調べてみたり、カウンセリングを受けたり、

心療内科を受診したり。

これらで、改善されたのなら私は何も言う事はありません。

 

 

「治そう」と頑張って行動しているのに。。。

 

行動すればするほど、「完治」に対しての期待は

大きくなりますよね?

しかし、良くなっている気配がない。感じられない。

 

治そうと行動をすることで【完治への期待】が高まるも、

成果が見えないことで【絶望感】だけが残ってしまう。

 

これも、負の連鎖ですね。

 

治すための「行動」を否定しているわけではないです。

私も、いっぱい行動しました。

そのぶん、「絶望感」もいっぱい味わいました。

その絶望感が、私を「外出」ができないまでに、

追いやったのです。

 

「絶望感」を味わう前に、「治す」ではなくて、

「鬱」と寄り添い生きいく。

この選択をして欲しいんです。

 

この選択をしてから、徐々にですが

できる事が増えました。

本当にゆっくりとですが、確実に増えます。

 

ここで、問題なのが。。。

 

どう寄り添うか?

 

これも、重要な【キー】なんです。

この【キー】は、全員に共通するものでは、ありません。

あなたのための【キー】が、

必ずあります。

 

今後、ゆっくりと発信していきます。