読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱でも中卒でも経営者さ♪

中卒だろうが鬱になろうが、経営者という立場で笑い泣きしながら生きてます(笑)

ささいなキッカケ。

メンタル

 

「鬱」と診断されるまでは、ささいなキッカケから3年後でした。

この3年間は、本当にきつかった。

しんどかった。

いっぱい泣いたし、死にたくもなった。(死のうとはしなかったけど。)

 

そんな3年間の始まりのキッカケ。。

本当にささいな事だったんです。何だと思います?

私の暗黒の3年間の始まり。。それは。。

 

 

【友人からの食事の誘い】だったんです。

 

 

は??でしょ?(笑)詳しく話すと、

私が結婚する事になって、そのお祝いに友人が

「焼肉おごるよ!腹いっぱい食べて!」と、私と妻を誘ってくれました。

 

テンション上げ↑上げ↑

遠慮なく、たくさん注文しました。

テーブルいっぱいに並んだ肉の皿。「さぁ食べよう!!」

ハラミだったかな?を、2枚食べた途端「残したらどうしよ。」って。

 

本当、突然でした。

「残したらどうしよ。」

そう思った瞬間、全く食べることができませんでした。

汗と吐き気が止まらない。早くこの店から立ち去りたい。

そんな気分でした。

この気分、感覚を味わうのは人生で2度目でした。

 

小学生の時の【給食】です。

 

小学生の時の担任は、食べ残しを許さず給食の時間は毎日が地獄でした。笑

小食だった私は、給食を食べきることができずに、

掃除の時間まで私の給食は、机に残っていました。

泣きながら「早くこの場から立ち去りたい」と思ってました。

 

 

この感覚が、あの頃から約10年経って再び私を襲ったのです。

ささいなキッカケで、あの頃の感覚が舞い戻り

私は、外食ができなくなりました。

 

外食ができなくなった自分。

それからの自分は、色んな意味でどんどん不自由になっていきました。

それは、また今度書きますね。

 

何が言いたいか?というと。

何気ない日常のささいな事がキッカケで、突然に心が壊れてしまう。

それを本人以外の周りの人間は、とても理解できない。

理解しにくい。という事です。

 

気付いて欲しい。

気付いてあげたい。

 

この気持ちのすれ違いが、本当に辛いんです。

 

では、どうすれば気持ちが通じ合うのか?

この事が重要な【キー】になってきます。

 

この【キー】を今後、私なりに発信できたらと思います。